私たちは何をつくり
そして何を遺すのか

 

私は18歳の頃より大工職人として数々の家をつくってきました。

 

当時の私にできることは、真心を込めて家をつくりあげること。
ただそれだけでした。

 

その中で、私自身が大工として家をつくってきたからこそ
気づくことができた大切な答えがあります。

 

それは
「私があるべき姿はただ家をつくるというだけではなく
そこに住まう家族の幸せも実現することにある。」
ということです。

 

そこに住まう家族が、今までよりもっと幸せを感じ、笑顔の絶えない家庭を築く。
そして、一生に残る「最高の思い出」をつくることができるよう
幸せな未来をつくるお手伝いがしたい。

 

そんな想いを家づくりというカタチで叶えたいと思い、『FINE STYLE』は誕生しました。
そこからはじまったFINE STYLEという会社。

 

「家づくりを通してお客様と私たちの幸せを実現する」
その使命に共感し、集まってくれた最高の仲間ができました。

 

その使命に共感し、期待し、求めてくれるお客様が集まってくれるようになりました。
想いだけでスタートしたFINE STYLEは、
ご縁をいただいた皆様の支えで、これまで成長することが出来ました。

 

私たちはこれからも、地域で必要とされる企業を目指します。
私たちはこれからも、家族の幸せな未来をつくり続けます。

 

どうか、あなたの家づくりが最高の幸せとなりますように・・・

 

株式会社 金子工務店
代表 金子 達郎